3Rを復習しよう

「3R」について

先に、循環型社会のために、「3R」が提唱されたということに触れました。
3Rとは、リユース(Reuse)、リデュース(Reduce)、リサイクル(Recycle)のことです。

リユースは、再使用・再利用、一度使ったものを再度使い回すこと。
たとえば、サイズが合わず着れなくなった子供服をバザーやボランティアで他の人に譲るなどすることです。伝統的な「おさがり」というものも、これに当たるでしょう。

リデュースは、そもそもの消費量や生産量を減らしていくことです。
要らないモノを買わない、作らない、ということですね。

リサイクルは、再資源化などとも呼ばれ、一度廃棄されたものを加工して別の形で再び用いるというものです。
たとえば、ノートや紙にリサイクルペーパーのマークが付いているものがありますね。

循環型社会のために

「3R」の考え方は、シンプルながらも、循環型で持続可能な社会のために、大変重要なことです。
100年後の未来のために、我々はどうすれば良いのか、などという大それたことは言いません。
要るモノだけを買い、プラやペットマークの付いているものはきれいに洗って、紙も整理して、リサイクルに出し、不要になったけれど未だ使えるモノは他人に譲って、また、他人から中古品を譲ってもらったりして、ミニマリストな生活を送るのです。

手始めに、燃えるゴミと燃えないゴミの区分を見直してみませんか?
リサイクル可能なものが見つかるかもしれません。

それから、不用品を集めて、バザーに出品してみましょう。
感謝されるし、部屋が広くなるし、環境にも優しい、粗大ごみなども出ない。

できることからこつこつと、持続可能な社会を作っていきましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ

TOP